こういう年になると日付が経過するのはいやに速いものです

 今年も速いもので9月として、残すポジション下4ヶ月、年をとるとなぜこう日取りの経過するのが速いのでしょうか。自分には小学6年生になる孫がいますが、2学期が始まりこういうペースで経過すると孫の終了ランキングはいわば直ぐそこまで来ているような気がします。身はそう感じるのですが孫も同じように感じている雑貨なのでしょうか。
 むかしあるパーソンからこんなことを聞いたことがあります。日取りの過ぎ去る早さの趣パーソンはその人の年によって違うものだと。たとえば身という年の60年代の奴で考えてみると、この方の通年は今まで生きて来た年数60年の60分の1、10年代のお孫さんがいるとすればお孫さんの通年は生きて来た年数10年の10分の1、じつは赤ちゃんの時の記憶は無いので8分の1か9分の1、詰まり1年の長さは誰でも同じですが、生きて来た年数と比較すると別違うので、そのために経過する早さの違いが出るはでした。
 それって実態かな、どうもその通りに聞こえますが通年は通年、分かったうような思い付かような、果してなんででしょうね。どなたか明快な虎の巻を教えていただけませんでしょうかね。民事再生を相談してみたら意外とできるものでした