愛くるしいけれど幼児の歌声が大きすぎる

私の娘は先日しばしば大きな声で歌を歌います。
まったく全部の歌詞を覚えているわけではないので、思い出して歌えるところだけを何度も繰り返し歌うのですが、
自分でも途中で飽きてくるのか「時にうたって」と言って行きがけ代謝させられます。

そんな時は娘に代わってぼくが歌いますが、その歌によって歌う娘の声がすごくおっきいのが最近の危険です。
最初はちっちゃな声でニヤリしながら歌っているのですが、しばらくすると振り付けが大きくなって、上肢や徒歩をブンブン振り回します。
そうして歌声も金切り声のようになってしまい、興奮して何の歌か分からなくなってしまうのです。

本人はそれが嬉しいらしく、注意したらその時はやめるのですがまたしばらくすると同じことの繰り返しです。
そうやってくり返すうちに歌える歌詞は長くなっていくのですが、ご近所の不自由になりそうなほど大声で歌うのでついにならない雑貨かなと思っています。

試しにぼくがちっちゃな声で歌ってみると、娘もささやくように歌いましたが実質途中から大声に代わりました。
良い歌声を聞ける事は誠に幸せな事と心に言い聞かせて、今日も一緒に歌っていらっしゃる。まだまだ大丈夫と思ってると返済できなくなりますよ